21世紀のスーパーボウルはVWで幕開け | レスポンス(Response.jp)

21世紀のスーパーボウルはVWで幕開け

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

アメリカ最大のスポーツイベント、アメリカン・フットボール・スーパーボウルのオフィシャルスポンサーに、自動車メーカーとしてはフォルクスワーゲン(VW)一社が決定した。スーパーボウルは野球のオールスターゲームやワールドシリーズと並ぶ、TV視聴率の最も高いスポーツイベントで、毎年スポンサーの斬新なコマーシャルが話題を呼ぶ。

VWがこのスポンサーとなるために支払う権利金はおよそ10億円で、試合の合間に30秒のCMを流す権利を得る。このCMでVWは新しい「ウォルフスバーグ」エディションの『ジェッタ』を登場させると言われており、注目を熱めそうだ。

試合後のレビューショープログラムにはポンティアックがスポンサーとしてつく。しかしアメリカのスポーツイベントには必ずといっていいほどGMがスポンサーをしてきたので、今回VWにその座を譲ったことはGMとしても痛いところだろう。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品