マツダ『MPV』に「星からの使者」が新たに追加 | レスポンス(Response.jp)

マツダ『MPV』に「星からの使者」が新たに追加

自動車 ニューモデル 新型車

マツダは19日、『プレマシー』、『MPV』にお買い得な限定車「アルトラル」シリーズを設定して発売した。同シリーズは、同じ価格で三つの異なる仕様を設定したものでプレマシーが5350台、MPVが4250台の台数限定販売。

新シリーズは、フォグランプや撥水フロントドアガラスなど機能的装備の「アストラル」と、メッキのアルミホイールやドアミラーなでによりファッション性を高めた「アストラルエレガント」、エアロパーツ、16インチタイヤ&アルミホイールを装備した「アストラルスポーティー」の三つのタイプを用意した。

3仕様とも同価格を設定、MPVは219万8000円、プレマシーは5人乗りが184万8000円、7人乗りが189万8000円といずれもベース車に比べ装備を充実させたうえで価格を抑えた。

なお、「アストラル」には「星の、星からの」という意味があり、新世紀に相応しい、ひときわ輝くスタイリッシュな限定車を提供したいという思いを込めてネーミングしたということだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品