【パリ〜ダカールラリー】信頼性アップのマシンでトップを目指せ!! | レスポンス(Response.jp)

【パリ〜ダカールラリー】信頼性アップのマシンでトップを目指せ!!

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

「2001パリ〜ダカールラリー」に参戦を決めた、日石三菱/ラリーアートチームが使用するのは、昨年と同様に『パジェロ』をベースとした、T2仕様車となる。

篠塚建次郎が使用するマシンは現行型のパジェロをベースとしたもので、増岡浩が使用するマシンは前モデルの『パジェロ・エボリューション』がベースになるなど、外観上の違いはあるが中身はほぼ同一となっているようだ。

搭載されるエンジンは、MIVEC(可変バルブタイミング機構)を装備した、V6/3.5リットルの「6G74型」で、今年のレギュレーションに合わせた対策を施してある。

また、フロントにデフロック機構を設けたり、パンクしにくいタイヤを採用して、悪路での走破性を高めている。ギア比の見直しによって、最高速は昨年モデルより15km/hほど向上しているが、砂漠でそれが活かせるかどうかは未知数だという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品