【ホンダF1ストーキング】ジョーダン、トラブルでもテストは「大成功」 | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1ストーキング】ジョーダン、トラブルでもテストは「大成功」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ブリヂストン勢が集結するバレンシアでは、初日に続き2日目(14日)のトップタイムもデイビッド・クルサードがマークした。2日間で200ラップを走り込んだクルサードは、タイヤとエンジンを集中してチェック。

新ホンダエンジンを搭載するジョーダンだが、マネージメントシステムをチェックしたリカルド・ゾンタはトラブルなく2日間で60周を走り終えた。

一方のハインツハラルド・フレンツェンはブレーキとキャリパーをチェック。午後のセッションで小さなギアボックストラブルが発生したものの、ジョーダンのチーフメカニックによると「今日は大成功の一日だった」と納得のいくテストができたようだった。

順位ドライバー/チームタイム周回
1クルサード/マクラーレン1'14''69090
2バリケロ/フェラーリ1'14''85084
3ブルツ/マクラーレン1'15''08064
4フレンツェン/ジョーダン・ホンダ1'15''30048
5フェルスタッペン/アロウズ1'15''61092
6ゾンタ/ジョーダン・ホンダ1'15''93032

※合同テストのため、オフィシャルタイムは発表されず、タイムはあくまでも参考。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品