マツダ、中国でミニバンの生産・販売に着手 | レスポンス(Response.jp)

マツダ、中国でミニバンの生産・販売に着手

自動車 ビジネス 企業動向

マツダは11日、2001年6月から中国で乗用車の生産を行う方針を明らかにした。生産されるのはミニバンの『プレマシー』で、日本メーカーが中国でミニバンを生産するのは今回が初めてのケースとなる。

これはマツダのマーク・フィールズ社長が都内で会見し、明らかにしたもので、中国海南省にある自動車メーカー「一汽海南汽車」に対して技術を供与した上で、現地での生産を委託する。技術供与が終わるまでの期間は、マツダの国内工場から部品を輸出し、現地でノックダウン生産を行うが、2004年までには完全に委託し、年間2万台規模で生産する予定。

販売については、中国の大都市圏を中心に行い、ディーラー網の整備も計画しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品