【これが『スマート』だ!!】このメカで130万円はバーゲンプライス! | レスポンス(Response.jp)

【これが『スマート』だ!!】このメカで130万円はバーゲンプライス!

エコカー 燃費

メーカー希望小売価格130万円という価格で発表された『スマートクーペ』だが、その内容を考えれば決して高くない。いや、バーゲンプライスとも呼べる価格といえる。

まずエンジンでは、直列3気筒598ccエンジンにインタークーラー付ターボを装備し、また負荷が高い状況(追い越しなど)ではブーストを一時的にアップさせトルクを10%上昇させるという、まるでオーバーテイクスイッチのごとき“オーバーブースト機能”も備わる。ちなみにこのエンジンはメルセデス・ベンツ製とされ、単体重量は59kgと発表されている。

このエンジンに組み合わされるトランスミッションがまた凝っている。『SOFTOUCH(ソフタッチ)』と呼ばれるそれは、6速シーケンシャルにオートマチックモードが付いたもので、日本仕様ではギア比の変更もなされているとのことだ。

シーケンシャル式では、一般的なATで使われる“トルクコンバータ”を介さないため、エンジンパワーが無駄なく伝達されるというメリットがある。ただしクリープ現象は発生しないため、坂道発進などでは気遣いが必要だろう。またこのギアにあわせてスロットルは電子制御式、いわゆる“ドライブ・バイ・ワイヤ”となっており、細かな燃料噴射制御を行うことによって燃料消費の低減を狙っている。

このエンジンとトランスミッションで750kgと若干重いボディーを引っ張り、10・15モード燃費は19km/リットルとされている。個人的には、e燃費ランキングの常連、スズキの3気筒ターボエンジン勢(アルトワークス、ワゴンRなど)との対決が楽しみだ。

また、これらのパワートレインはリアアクスルの上に配置され後輪を駆動するが、見るからに短いホイールベースのため、走行安定性のために電子デバイスがいくつか採用されているABSはもちろん、トラクションコントロールも装備され、またオーバーステア、アンダーステア時には、エンジン出力を制御したりクラッチを断続するスタビリティー・コントロールも備えられ、アクティブ・セーフティーにも細心の注意が払われている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品