【これが『スマート』だ!!】グレードは1つ、日本むけに特別チューン! | レスポンス(Response.jp)

【これが『スマート』だ!!】グレードは1つ、日本むけに特別チューン!

自動車 ニューモデル 新型車

日本仕様の『スマート』はヨーロッパと違って、『pure(ピュア)』、『pulse(パルス)』、『passion(パッション)』などのグレードは存在しない、たった一個のスマート・クーペというモデルのみの設定である。日本仕様は基本的にヨーロッパでいう『passion』に近い。

スマート・クーぺ日本仕様は左ハンドルのみで、エアコン、AM/FMラジオ、グラスルーフ、などの装備が標準化されており、トリディオンの色はシルバーのみの選択となる。カラーはヨーロッパと同じ8色のボディーカラーが用意されるが、内装色は3色で、本国仕様にあるイエローレザーの選択は見送られた。

日本仕様では、トランスミッションの設定がヨーロッパとは大きく異なる。スマートに標準で搭載される、スイッチ1つでマニュアルモードからオートマチックモードに切り替わる6速マニュアルモード付きオートマチック・トランスミッション『SOFTOUCH(ソフタッチ)』は、ヨーロッパではエンジンを始動させた瞬間からマニュアルモードになるのだが、これが日本仕様では市場に合わせてオートマチックモードを優先させるプログラムとなっている。もちろんスイッチ1つでマニュアルモードに変えることも可能である。

シフトアップのタイミングなども日本用にシフトチェンジをあまり頻繁に行わない引っ張るタイプのセッティングに変えられていて、乗り心地を優先させている。

また、左ハンドルのため、右側のパワーウインドウのスイッチをセンターコンソール部につけることで、高速道路や駐車場などのチケットなどを取りやすくする改良や、ヨーロッパにはないAMの周波数を受け取るラジオ、日本の電波法に合わせて、赤外線を使うリモコンキーなどが付け加えられている。

スマートの特徴である、1時間で全交換できるボディパネルについては、日本仕様でも「物理的」に交換は可能だが、リアのナンバープレートの封印は取り外すことができないため、基本的には無理であると考えられる。もちろん、フロントやサイドのパネルは交換可能だということなので、3色のカラーを楽しむことは可能である。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品