シューマッハ、引退説を自ら説明 | レスポンス(Response.jp)

シューマッハ、引退説を自ら説明

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

新F1チャンピオン、ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)がインタビューに答え、フェラーリとの契約が切れる2003年以降も引退するつもりがないことを明言した。

「自分が引退するなんて想像もつかないよ。フェラーリにはすごく満足している。あの雰囲気は他と比べようがない。僕の契約はあと2年残っているし、間違いなく契約は最後まで守るよ。他へ行く理由もないしね。僕は31歳だけど、昨シーズンのチャンピオンシップみたいなタフなレースを乗り越えられる充分な若さがあると思っている」

過去3度のワールドチャンピオンに輝いた、現役最高ドライバー、ミハエル・シューマッハはまだまだ勝つことに対してどん欲だ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品