『マークII』神話は生きていた!? 月間販売目標を早々と… | レスポンス(Response.jp)

『マークII』神話は生きていた!? 月間販売目標を早々と…

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車は27日、新型『マークII』の発売後1カ月の受注が、月間販売目標である6000台の3倍以上にあたる2万2000台になったと発表した。

乗用車の人気がSUV(多目的車)へとシフトするなかで、長らく不振が続いてきたセダン。だがトヨタ車では『セルシオ』といい『カローラ』といい、トヨタの新型車は快調な滑り出しを見せている。

マークIIは従来のイメージを維持しながらスポーティ感を一層強調したことで、20歳代〜50歳代という幅広い年齢層の心をとらえたようだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品