【『クルーガーV』が行く】上級セグメントにやってきたSUVの正体 | レスポンス(Response.jp)

【『クルーガーV』が行く】上級セグメントにやってきたSUVの正体

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ自動車は新型SUV『クルーガーV』を本日発表・発売した。『ハリアー』と兄弟車、というよりコンビを組む上級SUVである。「新世代のアクティブビークルとしてSUVの魅力・楽しさと、乗用車の高い基本性能を融合」したとトヨタではいう。

加藤伸一・副社長は「クルーガーVは、ハリアー以上にSUVとしての基本性能を向上させ、よりアクティブなライフスタイルの、若い世代にアピールするSUVだ」という。

またハリアーを担当し、今回クルーガーVも担当した内本恒男チーフエンジニアは次のように言う。「ハリアーと同じジャンルでもっと多くの人に乗ってもらえるSUVがクルーガーVだ。ハリアーがエレガントな都会派なら、クルーガーVはアウトドア指向、スポーティで積極的な生活様式のユーザーが対象となる」

エンジンは2.4リットル直4と3.0リットルV6の2種類、駆動レイアウトはFFと4WDの2種類、トリムレベルは標準仕様、Sパッケージ、Gパッケージの3種類。トランスミッションはすべてスーパーECT(4AT)。これらの組み合わせのすべて、計12仕様がラインナップ。

価格は2.4リットル、FF、標準トリムの230万円から、3.0リットル、4WD、Gパッケージの312万円まで。とりあつかいはビスタ店、月販目標台数は2000台。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品