人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【踊る!! ホンダ】『P4』ではなく『ASIMO』という名前のヒミツ

自動車 ニューモデル 新型車

今回のホンダの新型ロボットは、大方の予想を裏切って『P4』ではなく『ASIMO(アシモ)』という名前が付けられた。もちろんそれだけの大きな変化があったわけだが、この名前には開発者の様々な想いが込められている。

ロボットの開発は、本田技研工業の開発部門である(株)本田技術研究所で行われた。アシモの開発は、埼玉県和光市にある和光研究所の中の和光基礎技術研究センターで1999年の夏に始まったという。実に1年とちょっとの開発期間である。

新型に名前がついた理由として吉野社長は発表会場で、「ホンダの目指す『自分の分身となるモビリティー』として、今回のアシモが小型軽量化され、より人間の社会に入り込みやすいロボットになったこと」をあげた。

ちなみに、アシモの名前の由来は、「A:Advanced 新しい時代、S:Step in ステップ、I:Innovative革新、MO:Mobility モビリティ」の頭文字をとったものだ。しかし、開発者の間では『アシタのビリティ』など個人で様々な解釈がなされているそうだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

    歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

  2. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  3. 【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

    【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

  4. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  5. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  6. 【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  7. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  8. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  9. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  10. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

アクセスランキングをもっと見る