伝統のスカイラインの技術を排ガス浄化に | レスポンス(Response.jp)

伝統のスカイラインの技術を排ガス浄化に

エコカー 燃費

伝統のスカイラインの技術を排ガス浄化に
  • 伝統のスカイラインの技術を排ガス浄化に
エス・アンド・エスエンジニアリングはディーゼル車の排気ガス対策装置「デュエット・バーン・システム」を開発、発表した。システムは軽油に水を混合するエマルジョン燃料システムと低温連続再生式DPFを組み合わせたシステムだ。

システムでは、通常の軽油用の燃料タンクとは別に、水タンクを備え、軽油と水と乳化剤を混合してエマルジョン(牛乳状)にしたものを燃焼させる。理想燃料に近いもので、PMを大幅に削減する。また燃料中に混合した水が高温の燃焼温度を下げることで、NOxの発生も抑制できる。これにDPFを組合わせNOxの65%、PMの98%を同時に除去するという画期的な装置だ。

同社では来年6月にも販売開始を予定しており、価格は2トン積み小型車クラスで、改造費用込みで30〜50万円。

同社はスカイラインを開発したことで有名な櫻井眞一郎氏が代表を務める。この方式の排ガス低減装置は世界でも初めてで、実用化されれば画期的なこと。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品