松坂と柴田アナの「アノ夜」のホントの話 | レスポンス(Response.jp)

松坂と柴田アナの「アノ夜」のホントの話

モータースポーツ/エンタメ 出版物

松坂と柴田アナの「アノ夜」のホントの話
  • 松坂と柴田アナの「アノ夜」のホントの話
『週刊ポスト』12月1日号 
税込み価格300円 発行:小学館

「9月12日、松坂は午前中に黒岩の運転するクルマで出発して、翌日のシドニー行きのために宿泊する予定だった新高輪プリンスホテルに向かっています」西武球団幹部・A氏が『週刊ポスト』に初めて騒動の真相を明かした。

「その時点でシドニーに同行する黒岩は自分の荷物をまだ用意していなかったので、都内の自宅まで戻ってしまった」 クルマのトランクにはシドニー五輪用の日本代表のユニフォームなどが入っていたため、黒岩は松坂にキーを渡したという。その時「外出する時はタクシーを使え」と念を押したという。

しかし、夜になって柴田アナから「ウチに来ない?」と誘われたという。先輩たちからは「タクシーに乗るとマスコミに居場所が割れる」と言われていたことが頭をよぎり、ついついクルマで行ってしまったとのこと。

また路上駐車の件についても、「近くの100円パーキングに行ったが、これも満車だった。それでやむなく路上駐車してしまったというのです」と語る。身替わり出頭の件では「黒岩は真面目な男で、違反をしたことがなくクルマをどう引き取ればいいのかわからない。トランクにはユニフォームをはじめシドニー行きの旅行用具が入っていた。取り戻したい一心の黒岩は大塚署から流れ作業のように返されるまま受け取ったというのが正直なところ」とか。

しかしいくら匿名であるとはいえ、どれもこれも後から付けた言い訳がましくも聞こえなくはない。
《》

おすすめの商品