【センソトロニック】多角形ブレーキングができる……? | レスポンス(Response.jp)

【センソトロニック】多角形ブレーキングができる……?

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツの新ブレーキシステム「センソトロニック」=SBCは、従来のブレーキシステムの機械部品の多くを、コンパクトな電子部品に置き換えてしまう。ドライバーがブレーキペダルを踏んでピストンロッドやブースターを作動させる代わりに、各種のセンサーが活躍する。

センサーがブレーキペダル踏力を感知すると同時にクルマの速度を検出し、ブレーキのマスターシリンダーへ電子信号を送る。そこで油圧が発生し、パッドをディスクに押し付けるわけだ。メルセデスベンツでは、レスポンスが早まることにより120km/hからの非常制動の場合、従来のシステムに比べて停止距離が約3%短縮されるという。

SBCではブレーキペダルに加わる力だけでなく、車輪の回転速度、ステアリング角度、ヨーレート、ギアレシオなどの情報も考慮し、車輪ごとにブレーキ力を制御する。たとえばコーナーでは外側の車輪のブレーキ力が内側より大きくなり、急ブレーキでは前輪の方が後輪よりブレーキ力が大きくなる。

また従来慣れ親しんだブレーキフィールを残すために、ブレーキペダル側に油圧シミュレーターが装備されている。これはブレーキ本体とはシステムがまったく切り離されているので、ABSやESPが作動したときの不快な振動は発生しない。電子回路の作動パワーが落ちたときのために、前輪にはペダルとバックアップ・マスターシリンダーとを直結した非電子制御系統が用意されている。

> 次回へつづく
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品