日本初、低硫黄軽油でDPFを装着したバスが一般道を走行 | レスポンス(Response.jp)

日本初、低硫黄軽油でDPFを装着したバスが一般道を走行

エコカー 燃費

日本初、低硫黄軽油でDPFを装着したバスが一般道を走行
  • 日本初、低硫黄軽油でDPFを装着したバスが一般道を走行
ジョンソン・マッセイ・ジャパン・インクは、今月21日から同社のDPFであるCRT(連続再生式トラップ)を東京都営バスに装着し、全国初の実走行試験を行うと発表した。同社によると東京都では、結果が良ければCRT装置を搭載したバスを段階的に増やしていく計画を持っていると説明している。

今回の実走行試験は、昭和シェル石油が開発した低硫黄軽油(50ppm以下)を安定供給を受ける体制が整ったことから、路線バス試験が可能となった。試験バスは目黒自動車営業所港南分駐所の虹01系統の浜松町〜東京ビッグサイトを運行するバス2台にCRTを装着して実験する。

同社のCRTは、低硫黄軽油が必要なため、日本では実用化されていなかった。CRT装置は従来の国産DPFと比較して半分以下の容積なため、実装のマフラーとほぼ同じで、これまで困難だった低床式バスにも装着できる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品