フォードがトウモロコシ燃料スタンド設立を援助 | レスポンス(Response.jp)

フォードがトウモロコシ燃料スタンド設立を援助

エコカー 燃費

エタノールの含有量が85%で、残りがガソリンという環境重視の混合燃料、「E85」が代替燃料として注目されている。エタノールはほとんどがトウモロコシを原料としており、アメリカでは安価な石油にかわる燃料として期待が集まっている。

このE85を広めるため、フォードではミネソタ州に40カ所のE85のガソリンスタンドを設立するための援助を行う。現在フォードでは『トーラス』、『レンジャー』、『エクスプローラー』が代替燃料使用車として販売されている。

フォードでは2002年までに全米で400カ所のE85ガソリンスタンドの設立を目指しており、環境に優しいフォード車のイメージアップをはかっている。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品