デーウ倒産〜日本のマティスは大丈夫か!? | レスポンス(Response.jp)

デーウ倒産〜日本のマティスは大丈夫か!?

自動車 ビジネス 企業動向

韓国・大宇(デーウ)自動車倒産に関連し、日本でデーウ製小型車『マティス』を輸入販売するマティス(福岡県福岡市)は「すでに大宇とは資本関係はない」と、事態を見守る方針だ。

同社は99年にデーウの全額出資で設立されたが、デーウの元社長が設立した「カフー」(本社ソウル)に今年8月、マティスの株式が移っている。このため連鎖倒産や債権者による担保保全行為などの心配はないという。

マティスは現在、月間100台程度を日本で販売しており「国内に300台程度の在庫があるため2〜3カ月は心配ない」と話している。ただ、ブランドイメージの混乱や、最悪の場合、車両供給が停止する恐れもあり、事態は予断を許さない。
《編集部》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品