【価値創造ホンダ『ストリーム』】世界トップレベルの「この」機能!! | レスポンス(Response.jp)

【価値創造ホンダ『ストリーム』】世界トップレベルの「この」機能!!

自動車 ニューモデル 新型車

『ストリーム』には、「世界トップレベルの脱臭機能を持つ」という「高性能脱臭エアクリーンフィルター」なるものが採用されている。会場にはその脱臭機能を伝えるために、オーデコロンを使った実演展示があって、じっさいに3種類のフィルターによる脱臭能力の違いが体験できるようになっていたが、たしかに「高性能脱臭エアクリーンフィルター」は、いちばんニオイ取り能力が高く、ほとんど何の匂いもしなかった。

「今日はオーデコロンで実演していますが、このフィルターはとくに、ディーゼルの排気ガスの匂いを取るのに優れているんです。街中で外気導入モードにしていても、内規循環にしているのと同じくらいまで、ディーゼル臭を取ってしまうんですよ」と、開発を担当した同社の林 昭彦さんは胸を張る。

その「ニオイ取り能力」のヒミツは、従来の「除塵層」に加えて、大小さまざまな大きさの活性炭の粒を不織布でサンドイッチした「脱臭層」を設けたことで実現されたという。

「ただ、それだけですと吸気の抵抗が増えてしまいます。そこで脱臭層の厚みそのものを均等にすることで、空気の流れの抵抗を均一化したんです」と林さん。

ちなみにこのフィルター、推奨交換サイクルは1年もしくは1万5000km未満で、部品代としては5000円だという。花粉やディーゼル臭さに悩んでいた人には朗報(!?)かもしれない。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品