【一新! トヨタ『マークII』】オヤジを若返らせたデザイン・テクニック | レスポンス(Response.jp)

【一新! トヨタ『マークII』】オヤジを若返らせたデザイン・テクニック

自動車 ニューモデル 新型車

ややもするとオヤジセダンにも取られかねない『マークII』のイメージを、若返らせているのが線と面が織りなすスタイリング。ボリューム感のあるフロントボンネットには、のみで削いだようなシャープなラインが入り、それにもまして大胆に前後に伸びるサイドのキャラクターラインが目をひく。

デザインを担当したトヨタ自動車の第1開発センター、北角和己氏はいう。「ヘッドランプの端から始まってリアトランクに向かうラインと、リアコンビネーション・レンズの外板からフロントホイールアーチで終わる2本のラインがサイドの中央に面を作っています。これがサイドにウェッジなシャープさを持たせ、さらにねじったように構築したことで、散漫ではなく、見応えのある印象につながっています」

リアに関しても、レンズの中央に外板を渡す個性的なデザインだけでなく、上から見るとレンズをふくらませてトランクリッドで再び絞るという凝った造形を見せる。「これにはふたつの目的があって、サイドに入れた上のラインはそのままトランクリッドのトップと一体化し、最終的にはレンズを回り込んで、バンパーの上にいたります。このダイナミックな長いラインを見せつつ、トランクの見切り部分を入れることで背面の丸みを演出しているのです」

リアのレンズは、フェンダーの一部と考えたほうがふさわしいほどのボリュームがあり、丸みのあるトランクは高級感にもつながっている。それにしても、レンズと面位置にしたほうが加工もしやすく、チリを合わせるのも容易だ。トランクの収納効率もいいだろう。

この部分に関しては、マークらしい華やかさや気遣いが感じられるような造形を表現したかった、と北角氏。だが、斬新さもいきすぎると、これまでのユーザーがついてこれなくなってしまう。ロングライフ・ブランドであるマークIIならではのデザインの難しさはなかっただろうか。

「そうですね。デザインのスタート時は、むしろ21世紀をリードするようなミディアムハイをつくろうという気構えから始めて、次第にマークIIらしさを見直して加味していきました。ちょっと見た目はオーソドックス、でもよく見ると複雑なラインと面で構成している。そんな風に感じてもらえると嬉しいですね」
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品