【新世代『インプレッサSTi』出撃】ベースあってのSTi、スバルのまじめ | レスポンス(Response.jp)

【新世代『インプレッサSTi』出撃】ベースあってのSTi、スバルのまじめ

自動車 ニューモデル 新型車

STi(スバル・テクニカ・インターナショナル)といえば、いまやWRカーのベース車両である『インプレッサWRX STi』の開発会社としてすっかり有名である。ところでスバルは、この「STi」というブランドを、BMWにおける「Mシリーズ」やメルセデスの「AMG」、アウディの「RSシリーズ」のような「自社内におけるプレミアム・スポーツ・ブランド」として育てていこうとしているのだろうか?

「インプレッサSTiとは、あくまでもスバル車の“走りのトップブランド”なんです。つまり、オリジナルの素性のよさをベースに、競技やスポーツ走行を好む方向けに、走りのよさの部分をより特化させたモデル。そういう意味では、けっしてAMGやMシリーズのような特殊なバージョンではないんですよ」と、同車の開発のまとめ役、伊藤健・商品開発主管は答える。

「たしかに去年、『フォレスター』のSTiバージョンは出しましたが、スバルとしては、BMWのMシリーズのように、「STiシリーズ」を出すことはあまり考えていません。というのも、そうしてしまうと、STiシリーズ以外のクルマの走りがよくないかのような印象を与えかねませんから」と伊藤主管。

やはり、スバルの皆さんはやはりとてもマジメである。ちなみに、新型『インプレッサSTi』は、「FIAの認可が降りれば、来年早々にもWRC実戦に投入します」とのことである。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品