ベルガーの自己分析「私がフェラーリでチャンピオンになれなかった理由」 | レスポンス(Response.jp)

ベルガーの自己分析「私がフェラーリでチャンピオンになれなかった理由」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

元フェラーリ・ドライバーで現BMWモータースポーツ部門責任者のゲルハルト・ベルガーが、フェラーリがチャンピオンを獲得したことについてお祝の言葉を述べた。

「まず最初に言っておきたいんだけど、日本GPの後バカンスをとっているミハエルについて、『読書したり、ビーチに寝転んだり、こんなにリラックスしたミハエルは見たことがない』って奥さんが言ってたみたいだけど、僕はいつもそうしていた。だから僕にはタイトルがとれなかったんだね(笑)」と周りを笑わせたベルガー。

「フェラーリには心からおめでとうと言いたい。彼らは一生懸命やったんだから、タイトル獲得者にふさわしい。ここ数週間のフェラーリとマクラーレンの戦いは本当に素晴らしく、スポーツの名にふさわしいものだった」

「元F1ドライバーの目からみてもスズカでのレースは驚異的だった。F1の歴史上でも類をみない内容。あれに関わったすべての人々に賛辞を送りたい」と、チャンピオン決定戦となった鈴鹿のレース内容に大興奮だったようだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品