【東京モーターショー出品車】マツダの展示は無色・無臭・コーヒー? | レスポンス(Response.jp)

【東京モーターショー出品車】マツダの展示は無色・無臭・コーヒー?

自動車 ニューモデル モーターショー

マツダのテーマは「心を動かす新発想」。CNG車及びLPG車、車椅子送迎車といった環境や福祉に配慮した車などを出品する。

『タイタンCNG車』(市販予定車)は、ディーゼルエンジンをCNG仕様に変更したもの。CNGを燃料にしていることで黒煙を全く排出しないうえ、コンピューターによる最適な空燃比制御と三元触媒の採用により、排出ガス中のHC、NOxを大幅に低減させている。『タイタンLPG消臭装置付き塵芥車』(参考出品車)は悪臭を分解して無臭の物質に変化させ悪臭をやわらげる消臭装置を採用している。

『車椅子送迎車プレマシーi』(市販予定車)はプレマシーをベースに、超低床フロアとし、車両後部乗降口に装備したスロープを利用して容易に車椅子を乗降させることが可能だ。着脱可能な3列目シートと広い室内空間をもつプレマシーの特長を生かし、介護される側と介護する側にも優しいレイアウトになっている。

この他、上に跳ね上がる大きな左側面ドアと上に開くリアドアを装備した『タイタン・イベントカー移動コーヒーショップ』(参考出品車)を展示する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品