【これが日産『エクストレイル』だ! Vol. 4】2つの顔と3つの性格を持つクルマ | レスポンス(Response.jp)

【これが日産『エクストレイル』だ! Vol. 4】2つの顔と3つの性格を持つクルマ

自動車 ニューモデル 新型車

『エクストレイル』は「コンパクトSUV」と呼ばれるジャンルに日産が投入した「世界戦略車」だ。欧州を中心に、アジア、中東などにも輸出されるという。なお北米市場には『XTERRA(エクステラ)』と呼ばれる、ほぼ同クラスのSUV(2.4リットル直4および3.3リットルV6エンジン搭載)が販売されているため、輸出はされない。

エクストレイル開発のまとめ役、清水哲夫チーフ・プロダクト・スペシャリストによれば、欧州へは年間4万台の輸出を見こんでおり、その他の地域への輸出や日本市場も含めると、年間で10万台の販売を計画しているとのことだ。生産はいまのところ、すべて日産九州工場で行われるという。

ちなみに日産は、欧州でのSUVマーケットでは現在8.5%と好調なシェアを確保しており、今回の『エクストレイル』投入で、シェア10%超を目指すという。また欧州仕様では、人気の高いディーゼル・エンジン搭載車も設定され、フロントグリルも「日産SUVのシンボルとして広く認知されているV字型グリルを採用する」(清水氏)とのことだ。

さらに、日本では若者をメインにアピールするが、欧州では200万円という価格帯からいってそれより若干上級の市場セグメントに位置する。日本の若い消費者はコレ、と思ったものには惜し気もなく代価を払うが、ヨーロッパでは相応のクラス分けが定着しているということか。

また東南アジアや中東では最近、「SUV=安全なクルマ」というイメージが広がりつつあり、比較的裕福な層の間で人気を博しているため、エクストレイルでは、そうした地域での販売にも力を入れてゆくという。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品