【CART第19戦 決勝】スタートから大波乱!生き残ったのは…… | レスポンス(Response.jp)

【CART第19戦 決勝】スタートから大波乱!生き残ったのは……

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

10月15日、オーストラリアのクイーンズランド州ゴールドコーストのサーファーズパラダイス特設コースで、2000年CARTシリーズの第19戦決勝レースである“Honda Indy 300”が開催された。特設コースの全長は1周約4.472km、気温27度の晴天のなか、午後2時6分(現地時間)にグリーンフラッグが振られた。

絶妙なスタートを見せたJ. モントーヤと、それに続くG. ドフェランだったが、トップ争いを繰り広げながらの第1シケイン突入で2台は接触。3位につけていたD. フランキッティがトップへと浮上するが、シケインにて後続のマシンに追突されてコースアウト。

そんな大波乱となったレース幕開けで予選4位からトップに浮上したのはP. トレイシー。レース10周目には2位以下に9秒以上のリードを広げるという健闘を見せるが、突然の電気系トラブルが発生し、ターン3でコースオフする。オフィシャルの押しがけで復活したものの順位は最後尾となり、必死の追撃も届かずに残り10周の時点で後続車からの追突をうけてクラッシュしてしまう。

この決勝レース65周を見事勝ち残ったのはA. フェルナンデス、それにK. ブラックが続く結果となった。CARTシリーズの第19戦決勝の結果は以下の通り。

レースリザルト
:A. フェルナンデス(フォード・コスワース)
:K. ブラック(フォード・コスワース)
:J. バッサー(トヨタ)

ドライバーズ・ポイントランキング
:G. ドフェラン(ホンダ) 153
:A. フェルナンデス(フォード・コスワース) 148
:P. トレイシー(ホンダ) 134

マニュファクチャラーズ・ポイントランキング

:フォード・コスワース 314
:ホンダ 298
:トヨタ 272
:メルセデス・ベンツ 72
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品