次のクルマのデザイントレンドは“オルゴニック”だぞ!! | レスポンス(Response.jp)

次のクルマのデザイントレンドは“オルゴニック”だぞ!!

モータースポーツ/エンタメ 出版物

次のクルマのデザイントレンドは“オルゴニック”だぞ!!
  • 次のクルマのデザイントレンドは“オルゴニック”だぞ!!
『STUDIO VOICE』11月号 税込み価格680円 発行:インファス

「ORGONIC DESIGN」を特集する今月号。オーガニックではなく、オルゴニックである。これは本文によると「プラスチックの登場により花開いた有機的デザイン」のことである。いわゆる“ミッドセンチュリー”と呼ばれるもの。次のデザインのトレンドとなりえるのか? またクルマのデザインはどうなるのか?

去年の東京モーターショーでフォードが出品していた『021C』を覚えているだろうか?これはマーク・ニューソンという有名なインテリアデザイナーの手によるもの。これこそまさにミッドセンチュリーのテイストの代表作と言っていい。また、ルイジ・コラーニという名前を覚えている方もいらっしゃることだろう。1970年代に有機的デザインで最も有名だったデザイナーで彼がデザインしたチョロQまで作られてしまった人だ。彼のデザインしたすんごいカタチのロールスロイスや、ヤマハのバイクなど“エンスー”の方も知らないような“オルゴニック”の代表的なクルマも紹介する。

そして、元スバルのデザイナーで、現在はマンボで有名なパラダイス山元氏による、これからのクルマのデザインについて語る記事では、フィアット『ムルティプラ』、クライスラー『PTクルーザー』、スズキの99年ショーカー『Pu3-commuter』、デーウ『タクマ』などを取り上げ“ムニョモニョデザイン”について語る。パラダイス山元氏の言葉からは今の自動車デザインの現状に対する(スバルだけか?)アンチテーゼも聞ける。デザインに興味のある人は必見。
《》

おすすめの商品