新型『エクスプローラー』の販売好調---ボディ・ブローが後で効く? | レスポンス(Response.jp)

新型『エクスプローラー』の販売好調---ボディ・ブローが後で効く?

自動車 ビジネス 企業動向

一連のファイアストーンタイヤ関係の報道で安全性に疑問が持たれたフォード『エクスプローラー』だが、フォードによると問題発覚後の9月の全米での販売台数は減少どころか、1.1%の上昇で、今後の見通しにも自信がある、という。

ただし9月の販売実績には新型の『エクスプローラー・スポ−ツトラック』クロスオーバーピックアップも含まれており、従来型のエクスプローラーの販売にどのような影響があるのかまでは発表されていない。フォードではこの好調な販売が続けば、問題発覚後に生産工場を3週間操業停止にした影響で部品の供給が追い付かない状況も考えられる、と強気だ。

ただしフォードを扱うディーラーによると、ユーズドのエクスプローラーには販売減少という影響はすでに見られており、問題が起きた年式の車を避ける、という傾向はしばらく続きそうだと言う。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品