【CEATECレポート Vol. 6】厚いパナソニック、薄い沖---パンフレット比較(2) | レスポンス(Response.jp)

【CEATECレポート Vol. 6】厚いパナソニック、薄い沖---パンフレット比較(2)

自動車 テクノロジー ITS

『CEATEC JAPAN2000』の会場で配布されていたITS関連のパンフ。成長が期待できる分野だけに電機メーカーも全力で開発をしている。その技術を誇示する場としてのパンフレットだが、これが各社で意外に差異がある。

沖電気

イラスト中心のコンテンツなのだが「とにかく薄い、そして説明が少ない」という印象。他のメーカーのように「我が社の技術は…」と始めるのではなく、あくまでも「ITSが実現したら、こんな世の中になりますよ」ということが、極めて淡々と語られている。その潔さには好感も持てる。

松下電器(パナソニック)

沖とは逆パターンで、手に取った瞬間「うわ、ブ厚い…」と思ってしまうのがパナソニックのパンフレット。パナソニックのテクノロジーがこれからの日本を変えるというような論調で、ひとつの分野ずつ技術が語られていく。ただ厚いだけでなく、情報量も一番多い。今後、編集部でITS関連の資料として活躍することが確実な一冊だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品