【2005年東京ショーを見た! Vol. 6】それはまるで表参道のカフェ…… | レスポンス(Response.jp)

【2005年東京ショーを見た! Vol. 6】それはまるで表参道のカフェ……

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ-TCAプロジェクト:トヨタがデザイン専門学校のTCAを後援して、学生が2005年の東京モーターショーをデザインするプロジェクト---

今回の5人の中で最も自分をさらけだしているのが、TCA自動車デザイン科3年の桝中英明君だ。今後増えることが予想される“パラサイトピープル”をターゲットユーザーとし、30代前後の同じ“ニオイ”を持ったもの同士の集まる“カフェ”のような場所をクルマで提供しようというのが狙い。もちろん桝中くんもこの“パラサイトピープル”の一人。(パラサイトピープル:結婚適齢期になっても親元で暮らしている若者)

このクルマも前1、後ろ2の3人乗りだが、これについては「よく仲間と話しをするときは3人というのが多いんです。グループに別れることもない、ちょうどイイ数なんです」と実体験からきていると話す。

スタイリングは3人を結ぶ“トライアングル”が基本となっているが、運転席だけはどうしても前を向かなければいけないので、停車時にシートが回転するという機能を持つ。その“回転”ということをイメージさせる形としてフロントには“球”のモチーフを使っているのだという。

室内は床全面が白く光るという演出がなされており、3人の特別な空間を演出する。これを桝中君は映画『2001年宇宙の旅』からインスピレーションを受けたのだという。このクルマで桝中君は、仲間同士が楽しくコミュニケーションできる場というものを、自分の体験からアイデアを出した。このことがトヨタのデザイナーに共感をよんだようだ。

●トヨタ東京デザイン部水谷部長のコメント:パラサイトピープルという発想のスタートが非常に面白い。実際そういう人も多いことだろうし、この答えはこれだけじゃなくていろいろあるはず。こういうテーマでもっといろんな切り口でやると面白いのでは。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品