【パリ・ショー速報 Vol. 13】事実上量産デビューの日産『エクストレイル』 | レスポンス(Response.jp)

【パリ・ショー速報 Vol. 13】事実上量産デビューの日産『エクストレイル』

自動車 ニューモデル モーターショー

日産『エクストレイル』は量産化間近なコンセプトカーである。洗練されたコンパクト4x4市場に日産も参入するのだ。もっとも展示車両は一品生産の試作車だったようで、部品の合わせなどのクオリティはガタガタ、リアドアは開けてくれなかったし、車内に乗ってみることも許されなかったが。

アメリカでの日産は、ライトSUVの『エクステーラ』が年間販売台数8万5000台、「トラック・オブ・ジ・イヤー」を受賞するヒットとなっている。日産の商品企画本部長でルノー出身のパトリック・ペラータは「日欧でも同じ市場の成長が見込まれる」と語る。もっとも開発期間を勘案するとルノーとの提携前に『エクステーラ』は立案されていたはずだ。ちなみに現在ヨーロッパの4x4市場での日産シェアは8.5%(1999)とそこそこ健闘している。

エクストレイルのエンジンは2.0リットルガソリン、トランスミッションは6MTで、“ドライブbyワイヤ”4x4を装備する。ブレーキは『スカイラインGT-R』ゆずりのブレンボというのがおかしい。詳細は19日に予定されている量産型デビューの日にハッキリする。「究極のスポーツからレジャーまで、アクティブなアウトドア派のためのクルマ」という謳い文句が本当かどうかも。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品