【CART第18戦 決勝】イエローコーションに泣いたジル | レスポンス(Response.jp)

【CART第18戦 決勝】イエローコーションに泣いたジル

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2000年CARTシリーズの第18戦「Texaco/Havoline Grand Prix of Houston」が、テキサス州ヒューストンのダウンタウンに特設されたストリートコースおいて行われ、10月1日に決勝レースが開催された。

決勝は15時05分にスタート。その直後の混乱で2位スタートのダリオ・フランキッティが早くもリタイア。ポイントリーダーのジル・ドフェランがトップをキープする。フェランは2ストップ作戦でレースを乗り切るべく、ガンガンに飛ばしまくったが、コース上でストップしたマシンが生じたため、予想外のイエローコーションとなってまう。

チームは急きょフェランをピットに誘導したが、順位を3位に落とす。だが、そのまま堅実な走りを見せ、表彰台の権利だけはもぎ取った。混乱したレースで1位と2位を奪ったのはトヨタ勢のバッサー、モントーヤの2人だった。

レースリザルト

:J. バッサー(トヨタ)

:J. モントーヤ(トヨタ)

:G. ドフェラン(ホンダ)

:P. トレーシー(ホンダ)

:H. カストロネベス(ホンダ)

:C. フィッティパルディ(フォード・コスワース)



ドライバーズ・ポイントランキング


:G. ドフェラン 153

:P. トレイシー 134

:R. モレノ 131

:M. アンドレッティ 127

:A. フェルナンデス 127

:J. モントーヤ 122



マニュファクチャラーズ・ポイントランキング


:フォード・コスワース 293

:ホンダ 290

:トヨタ 257

:メルセデス・ベンツ 66

《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品