まだまだ続く「日本初シーケンシャルMT」論争

自動車 社会 行政

まだまだ続く「日本初シーケンシャルMT」論争
  • まだまだ続く「日本初シーケンシャルMT」論争
だんだんシーケンシャルMTから離れていってしまうが……。スバル『レックス』(1980)の電磁クラッチ採用が早い時期のもの、としたところ、さっそく読者からのお便りがあった。感謝。

読者より---シーケンシャルについての記事の中で、スバル、いすゞ等の生産が早いとなっていましたが、私の記憶ではマツダも『ファミリア』ssa、bsaなどで電磁クラッチを使用していました---

ssa、bsaは1964年発表の初代ファミリア。マツダ広報に確認したところ、このシリーズのファミリア「800ワゴン」に、65年から「ダブルカップリングオートトランス」が設定されていることがわかった。
《高木啓》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

関連ニュース

特集

おすすめの商品