【リコール】ビューエルのショックが脱落、走行安定性失う | レスポンス(Response.jp)

【リコール】ビューエルのショックが脱落、走行安定性失う

自動車 社会 行政

【リコール】ビューエルのショックが脱落、走行安定性失う
  • 【リコール】ビューエルのショックが脱落、走行安定性失う
  • 【リコール】ビューエルのショックが脱落、走行安定性失う
ハーレーダビッドソンジャパンは、同社が代理販売を行う「ビューエル」ブランドのうち、『サイクロンM2』、『ライトニングX1』、『ミレニアムX1リミテッドエディション』、『サンダーボルトS3』の緩衝装置に不具合があったとして、運輸大臣に対してリコールを届け出た。対象となるのは1998年8月4日から2000年5月10日までに輸入した636台。

対象のバイクでは、緩衝装置においてリアショックアブソーバーの車体への取り付け部の強度が不足しているため、そのままの状態で使用を続けると、当該取り付け部に亀裂が生じる。最悪の場合ショックアブソーバーが車体から外れ、走行安定性が損なわれるおそれがある。

発見はアメリカ国内からの市場情報による。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品