トヨタ、国内生産設備のスリム化を進める | レスポンス(Response.jp)

トヨタ、国内生産設備のスリム化を進める

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ、国内生産設備のスリム化を進める
  • トヨタ、国内生産設備のスリム化を進める
現在『ヴィッツ』などの生産を手掛けている豊田自動織機は9日、2001年の夏から生産ラインを2本から1本に削減し、年あたり5〜10万台の減産を行うと発表した。

これはトヨタがフランスに建設中の新工場が2001年から操業を開始することに関連している。現在、豊田自動織機の長草工場では輸出分の『ヤリス』も含め、ヴィッツの生産を行っているが、新工場が完成すると、ヤリスはフランスに生産の拠点が移されるため、ラインのフル稼働を行う必要がなくなるからだ。

そのため、ラインを1本に統合化し、トヨタグループが行っている生産設備過剰の解消に一役買うこととなった。残ったラインは異なる車種の生産にも対応した「フレキシブルライン」となる予定で、統合までに改良していく。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品