【新ジャンル! ダイハツ『YRV』Vol. 4】なぜこのクルマを? | レスポンス(Response.jp)

【新ジャンル! ダイハツ『YRV』Vol. 4】なぜこのクルマを?

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ傘下となり、最近ではトヨタ・ブランドでも売る小型車も開発している……という現在のダイハツというメーカーにとって、『YRV』というクルマを出すことは、会社としてどういう意味があるのだろうか?

「これまでのダイハツというと、ファミリー層のユーザーには強いんですが、若いひと向けのクルマが弱いというイメージがあったんですね。(ライバルの)スズキさんがモータースポーツをやったりして若い人にウケている、という事情などもありまして。それで若者向きのクルマを作ろうと。で、どうせやるなら、他のどこのメーカーもやっていない、背が高くてスポーティな小型車をつくろう、ということになったんです」

ダイハツ工業商品企画部の大石弘之さん(主査・部長)はそう説明する。ミニバンとも2ドア・ハッチバックとも取れるYRVのスタイルは、社内ではなんと呼ばれているんでしょうか?

「うーん、新ジャンル、としか言いようがありませんね。いま、このクラスの小型車では、ミニバンとハッチバックの境界線があいまいになってきていますよね。マツダさんの『デミオ』もそうですが、新しい小型2ボックス車のスタイルができつつある。YRVも、そうしたクルマのひとつだと思っています」
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品