プジョー『206CC』---「CC」はみんなが待ってたアレです | レスポンス(Response.jp)

プジョー『206CC』---「CC」はみんなが待ってたアレです

自動車 ニューモデル 新型車

プジョーは『206CC』の市販化を正式に発表した。1998年ジュネーブ・モーターショーで最初に『ツーオーハート』として発表された、アフォーダブルな4人乗りクーペ・カブリオレだ。それ以来、各地のモーターショーに展示され、ユーザーの期待感を高めていた。

メルセデスベンツ『SLK』以後、トレンドになった電動・油圧併用折りたたみ式メタルルーフは、フランスのコーチビルダー、ウリエーズが設計した。

ヨーロッパでの発売は年末の予定。その時点で1.6リットル110PSと2.0リットル138PSの2機種のエンジンが設定される。フランス東部のミュールーズ工場で日産400台で生産される予定。車名の「CC」はもちろん「クーペ・カブリオレ」の頭文字。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品