オマケは世の常識!? 建設省もETC普及のため割引制度導入 | レスポンス(Response.jp)

オマケは世の常識!? 建設省もETC普及のため割引制度導入

自動車 テクノロジー ITS

建設省は、ETC(ノンストップ自動料金収受システム)を普及させるため、ETCにハイウェイカードと同じ割合の割引制度も設けることを決めた。

ETCは現在、試行運用しており、本格的な運用はまだ開始されていない。しかし、本格的な運用が始まったとしても、ETC車載器の価格が1台当たり3万円前後する現状では、普及させることは難しいといえる。ハイウェイカードや首都高速道路の回数券は割引率が高いために利用者が多いことから、これを参考に「ETCの普及には割引制度が欠かせない」と判断した。

ETCの割引き率や、手法については今後詰めていくことになる。ただ、ハイウェイカードと同等かそれ以上の割引率にして、手法としては申し込みに応じて、あらかじめ定額料金を銀行口座から引き落とし、定額料金プラス・プレミアム分の高速料金が利用できるというものになる線が濃厚だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品