フィジケラが将来のチームメイトについてコメント | レスポンス(Response.jp)

フィジケラが将来のチームメイトについてコメント

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ジャンカルロ・フィジケラ(ベネトン)が、2001年からチームメイトになる可能性が高いジェンソン・バトン(ウィリアムズ)についてコメントした。来シーズンはインディ500を制したフアン・パブロ・モントーヤがバトンの変わりにウィリアムズ入りすることは確実で、そうなるとバトンがアレクサンダー・ブルツの後任としてベネトン入りすると見られている。

「ジェンソンは強いドライバーだと思う。でもチームメイト(ラルフ・シューマッハ)の方が彼よりも速い。ジェンソンはもっと経験が必要なんじゃないかな」と、語ったフィジケラ。ちなみに97年にラルフとフィジケラは後々まで遺恨を残す接触事故を起こしたが、実力的にはラルフを認めている発言ともとれる。

さて、当のフィジケラは、まもなくベネトンとの契約に合意する運びとなっているようで、また契約は長期に渡るものと予想されており、年俸も年々上がっていくはず。2001年の推定年俸はおよそ900万ドルという噂だ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品