北欧発のラグジャリーSUV---サーブの隠し玉 | レスポンス(Response.jp)

北欧発のラグジャリーSUV---サーブの隠し玉

自動車 ニューモデル 新型車

スウェーデンのサーブが計画中のSUVは1車種だけではない。『9-5』ベースのSUV、ポンティアック『アズテック』コンセプト・ベースのSUVをすでにお伝えしたが、今回は2001年型としてアメリカでデビュー予定のビュイック『ランデブー』がサーブSUVのベースになるという話だ。

デビューは2002年、車名は『カントリーキング』。2001年デビュー予定の9-5SUV『カントリーマスター』に次ぐカントリー・シリーズだ。ビュイック・ランデブーは北米市場向けで、サーブ・カントリーキングも北米市場が主要ターゲットだが、こちらは全世界に輸出される。もちろん日本も含まれる。

なお未確認だが、ランデブー自身がアズテック・コンセプトから派生した車種かもしれないので、アズテック・ベースのサーブSUVとランデブー・ベースのサーブSUVは同じ車種をさすのかも知れない。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品