オーストリアGP欠場のアーバイン、腹痛原因を再度調査 | レスポンス(Response.jp)

オーストリアGP欠場のアーバイン、腹痛原因を再度調査

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

オーストリアGP欠場のアーバイン、腹痛原因を再度調査
  • オーストリアGP欠場のアーバイン、腹痛原因を再度調査
盲腸炎の疑いがある腹痛のためにドクターストップがかかり、オーストリアGPの初日にギブアップ、シートをチームのオフィシャルテストドライバーであるルチアーノ・ブルティに譲ったエディ・アーバイン(ジャガー)。今週中に再度病院を訪れ、腹痛の原因を調べるために多数の検査を行う予定だ。

医師の所見によると、いまのところ外科手術を必要としているわけではなく、本人もチーム側も2週間後のドイツGPにはレギュラードライバーとして出場するつもりだという。フェラーリから新生ジャガーに移籍したものの、いまだに昨年見せた輝きを発揮できていないアーバイン。このままでは不本意なシーズンになりかねない今こそ、彼の真価が問われている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品