次期フォード『フォーカス』はメイド・イン・ジャパン! | レスポンス(Response.jp)

次期フォード『フォーカス』はメイド・イン・ジャパン!

自動車 ビジネス 企業動向

アメリカのフォードは17日、世界戦略車となっている『フォーカス』の次期モデルを2002年からマツダの日本国内工場でも生産するという考えを明らかにした。次期『フォーカス』は、マツダ『ファミリア』とプラットフォームを共通化する予定だが、そのためにマツダの工場でもフォーカスを生産することが可能になる。

マツダの国内工場は生産稼働率が70%前後と製造に余力があり、また今後は欧州への生産シフトを計画していることから、現状より稼働率がさらに低くなると予想されている。フォードでは生産の空洞化を避けるため、空いたラインでフォーカスなどのフォード車を作ることをマツダに提案し、マツダも基本的にこれを了承した。

マツダとフォードは次期フォーカス以外にも、小型車『デミオ』のプラットフォームをベースにして、フォードブランドで世界的に販売する、新たな小型車を開発するプロジェクトを立ち上げており、合計で年4〜5万台の生産を見こんでいる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品