3年前のリース査定が、いまこんなツケに……税金投入はないでしょう | レスポンス(Response.jp)

3年前のリース査定が、いまこんなツケに……税金投入はないでしょう

自動車 社会 社会

アメリカの自動車メーカーの多くは1996年と97年のリース査定に失敗している。ほとんどのメーカーは3年リースを提供する際に自動車の損失価値を大きく計算し過ぎ、それがリース価格の低下につながった。リース価格が安ければリースをする人は増える。一時的にリースによって新車販売が増大したかに見えたが、リース期間を終了してみるとメーカーは多額の損失を計上している。

しかもリースを終えたクルマが大量に中古車市場に流れ込み、これが中古車の価格を下げる、という悪循環にもつながっている。特に打撃が大きいのは人気のSUV車種。このためリースを担当した銀行の多くはリース利用者に対し自動車の買い取りを勧めるのにやっきになっている。

問題はこの時期のリース価格の値下げの影響が現在にも及び、年々リース利用者が増えている、ということ。このためユーズドカー市場の低迷は今後数年続く、と予想されている。例えば90年のリース率はわずか5%だったが、99年には30%もの新車がリースされている。リースのダンピングは見かけ上の新車販売台数に役立ったが、思わぬところで大きなツケが回ってきているようだ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

おすすめの商品