立場で分かれる意見…。輸入車はゲタか、それとも高級ブランドの靴か。 | レスポンス(Response.jp)

立場で分かれる意見…。輸入車はゲタか、それとも高級ブランドの靴か。

自動車 ビジネス 国内マーケット

検索エンジン「goo」を運営する株式会社エヌ・ティ・ティ エックスは10日、昨年末に三菱総研と共同で行った「輸入車に関するアンケート」の結果を発表した。このアンケートでは、輸入車を実際に持つ「輸入車保有者の動向」と、今は輸入車を持っていないが、将来的に購入を希望している「購入希望者の動向」が、インターネットを用いて調査されている。

集計結果によると、メーカー別のシェアでは、VW/アウディ…21.1%、BMW…12.4%、ベンツ…11.5%、オペル…9.3%と、市場の販売動向に類似しているものの、インターネットユーザーの方が、一般の市場実勢より輸入車の保有率が高いことが明らかになった。購入動機ではBMW、VWなどで「外観の良さ」を挙げる者が大半なのに対して、ベンツだけは「安全性が高い」や「品質が良い」などが上位を占め、外観重視は5位であるなど、興味深いデータもある。

購入希望の集計結果では、BMW…20.1%、ベンツ…16.8%、VW/アウディ…16.2%、ローバー…10.2%と続く。保有者は少ないローバーが入っているのは、回答者に「ミニ」に興味を持つ者が多かったからだと注釈されている。購入したい動機では、保有者アンケートでも1位だった「外観が良い」がトップに挙げられているが、続く2位は「ステータスがある」で、これは既存保有者アンケートでは反映されていないもので、購入したい者の特徴的なデータなっている。

ドットコムビジネスで成功した者が、輸入車を購入するという動機には、この「ステータス」というもののウェイトが大きいからだろうか?
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品