【CART第9戦 決勝】100周のレースを91周もレードしたのは誰だ? | レスポンス(Response.jp)

【CART第9戦 決勝】100周のレースを91周もレードしたのは誰だ?

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2000年CARTシリーズ第9戦「Marconi Grand Prix of Cleveland」が、エリー湖畔のオハイオ州クリーブランドのローカル飛行場、“バーク・レイクフロント・エアポート”の 滑走路に設けられた特設ロードコースで開催、7月2日に決勝レースが行なわれた。

日本メーカーのホンダ勢は1日の公式予選において、ジル・ド・フェラン(マールボロ・チーム・ペンスキー)がフロントローの2位、ダリオ・フランキッティ(チーム・クール・グリーン)が8位と、決勝に大きな期待を持たせた。しかし不運なトラブルに見舞われ、D. フランキッティの13位がホンダ勢の最上位となった。

ホンダと張り合うトヨタの成績もぴりっとせず、優勝したのはロベルト・モレノ(ビステオン・パトリック・レーシング/フォード)。100周のレースのうち91周をトップで走る強さだった。またモレノだけでなく、フォード(=コスワース)勢は上位7医までに5人を送り込む勢いだった。

予選21番手と後方からスタートした中野信治(ウォーカー・レーシング/ホンダ)はトラブルにもかかわらず辛抱強い走行を見せた。中野は「最初のスタートで誰かが追突、再スタートするまでにかなりの時間がかかった。パンクしていたタイヤでなんとかピットに戻ったのだが、2周遅れになったのは辛かった。昨日の夜の変更でマシンも良くなり、レース中はトップグループと同じぐらいのペースで走れただけに、残念」とコメント。中野は82周目にやトランスミッショントラブルでストップ、15位でレースを終えた。

決勝リザルト
1:ロベルト・モレノ(フォード)
2:ケニー・ブラック(フォード)
3:クリスティアーノ・ダ・マータ(トヨタ)
4:マイケル・アンドレッティ(フォード)
5:パトリック・カーペンター(フォード)
6:フアン・モントーヤ(トヨタ)

ドライバーズポイント・ランキング
1:ロベルト・モレノ  90
2:マイケル・アンドレッティ 68
3:ジル・ド・フェラン 67
4:ケニー・ブラック 63
5:ポール・トレイシー 59
6:ジミー・バッサー 54
22:中野信治  7

マニュファクチャラーズポイント・ランキング

1:フォード・コスワース 158
2:ホンダ 138
3:トヨタ 132
4:メルセデス・ベンツ 43
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品