ホント? 『オデッセイ』が販売台数1位に……どう出るトヨタ? | レスポンス(Response.jp)

ホント? 『オデッセイ』が販売台数1位に……どう出るトヨタ?

自動車 社会 社会

ホント? 『オデッセイ』が販売台数1位に……どう出るトヨタ?
  • ホント? 『オデッセイ』が販売台数1位に……どう出るトヨタ?
  • ホント? 『オデッセイ』が販売台数1位に……どう出るトヨタ?
軽自動車を除く今年6月の新車販売で、ホンダ『オデッセイ』がトヨタ『ヴィッツ』を抜き、初めて月間車種別販売数の1位をマークした。

調査を行った自動車販売協会連合会(自販連)によると、オデッセイの登録は約1万4600台、ヴィッツが1万4200台で、400台ほどの僅差ではあるがホンダが首位をもぎ取った。ホンダ車が首位を獲得するのは自販連がこの調査を始めた1968年1月以来初となる。

しかし、本当にオデッセイが売れて、ユーザーの元に行き渡っているかどうかは疑問で、国内販売第2位の立場を不動のものとしたいホンダが「自社登録車を増やしているのではないか?」と見る関係者も多い。ヴィッツは車両価格が100万円前後、初心者でも気軽に乗れる「エントリーカー」と呼ばれるジャンルで、ユーザーも老若男女を問わないため、売れ行きのすごさに裏づけもあり、実際、発注したとしても3カ月待ちとなるケースすらある。ところが対するオデッセイは価格も高く、ユーザーもある程度は限定されてしまう。ボーナス商戦に突入しているとはいえ、250万円前後もするクルマがまだまだ続く不景気な世の中にそう簡単に売れるのかという、そんな疑問だ。

ホンダの吉野社長は今年5月に「2003年度までに20万台の販売増を目指し、年間90万台を目指す」としているが、販売増になった分が集計上のマジックだとしたら、あまり意味をなさないのではないだろうか?
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品