『シャリオ・グランディス』を一部改良、セキュリティ・アラームが標準装備 | レスポンス(Response.jp)

『シャリオ・グランディス』を一部改良、セキュリティ・アラームが標準装備

自動車 ニューモデル 新型車

『シャリオ・グランディス』を一部改良、セキュリティ・アラームが標準装備
  • 『シャリオ・グランディス』を一部改良、セキュリティ・アラームが標準装備
三菱自動車では、GDIエンジンによるエコノミーな走りや、多彩なシートアレンジで好評の『シャリオ・グランディス』に一部改良を施すと同時に、求め易い価格設定とした「ツーリング・サンルーフ・リミテッド」、「ロイヤル・ツーリング」を追加し、7月3日より発売する。

今回の改良では、フロントグリル(2.4リットル車)とリヤ・ライセンスプレート・ガーニッシュを一新するとともに、アルミホイール(全グレード)、ディスチャージ・ヘッドランプ(エクシード以上)を標準装備した。また、セキュリティ・アラームの標準装備や7人乗りセカンドシートにアームレストを追加。

全国のギャラン系及びカープラザ系販売会社から発売、東京地区メーカー希望小売価格:223.9万円〜353.8万円。従来型からおよそ9万円プラス。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品