“日本型EC”の第一弾『7ドリーム.com』、いよいよ本格始動 | レスポンス(Response.jp)

“日本型EC”の第一弾『7ドリーム.com』、いよいよ本格始動

自動車 テクノロジー ネット

セブンイレブンやソニーらが今年2月に設立したセブンドリーム・ドットコムは22日、インターネットサイトを7月から正式オープンすると発表した。

当初は音楽・旅行・物販・クルマ・写真の5コンテンツを立ち上げ、順次コンテンツを拡充していく。注文した商品はメーカー直の宅配便のほか、全国8200店のセブンイレブンでも受け取れる。受け取りにコンビニを指定した場合の納期は4〜6日という。自動車分野では、カーポイント、自動車卸商の中央自動車工業などを提携し、新車・中古車の仲介やカー用品販売、教習所紹介などを行う。

セブンイレブンジャパン会長の鈴木敏文氏は「出資会社と提携会社の協力を得て、日本型EC(電子商取引)の第一弾としてスタートしたい」と話し、

(1)今回の仕組みをビジネスモデル特許として申請中、(2)今後、新設するセブンイレブンには、商品の保管場所を作っていく、(3)今秋から来春にかけ、全店に最新型のマルチメディア端末を設置していく---ことを明らかにした。
《編集部》

おすすめの商品