個人のクルマをスポンサーカラーに!? NYの最新流行 | レスポンス(Response.jp)

個人のクルマをスポンサーカラーに!? NYの最新流行

自動車 ビジネス 国内マーケット

アメリカではこのところ、個人のクルマ全体に広告をはりつけて走らせる、という広告キャンペーンが盛んになりつつある。方法としてはよく市バスなどに見られるような、透明フィルムでクルマ全体を覆い、そのフィルムにカラー広告を印刷している、というもの。ウィンドウ以外の場所はすべて広告で覆い尽くされたクルマは、走っているだけで人目をひく。

クルマは個人所有のもので、広告フィルムをはりつける以外に特別の義務はない。これで広告を受け入れた人には、月あたり300〜500ドルの収入となり、あるいは広告をはりつけたクルマを無償で借りられる、などの特典がある。

こうしたサービスはインターネットを通じて申し込むことができ、クライアント、利用者ともに増加している。このユニークな広告オファーを行っている会社はカリフォルニア州に集中しているが、サービスは全米のどこでも利用でき、特にニューヨーク周辺で人気が集まっていると言う。
《Sachiko Hijikata, US editor》

おすすめの商品