あの『マッハ号』が市販される!! 最初の1台はオークションで | レスポンス(Response.jp)

あの『マッハ号』が市販される!! 最初の1台はオークションで

自動車 ニューモデル 新型車

60年代のカーレースアニメ『マッハGoGoGo』は世界的に根強い人気をもっている。その『マッハ号』のフルサイズ・レプリカがアメリカで制作された。日本でもマニアが作ったことがあるが、今回のクルマは公道走行のための法規と性能を満たしており、しかも少数ながら複数が生産されて一般に販売されるのだ。

輸出版タイトルは『スピードレーサー(Speed Racer)』、マッハ号は『マッハ5(Mach 5)』だ。「マッハ5ほど車名が知られているレースカーは、世界に2台とない」と語るのは、アメリカで版権を管理しているスピードレーサー・エンタープライズのジム・ロクノウスキー。実はこのプロジェクトは、チャイルド・セイフティ・ネットワークという慈善団体によるチャリティ企画だ。

チャイルド・セイフティ・ネットワークのエンジニア、マーク・タウルが“量産開発”した2ドア・ロードスターは、ミッドに5.4リットルV8(400PS)を搭載、最高速度は推定300km/h! プロトタイプはすでにできあがっており、制作費用は35万ドル(3700万円)。生産設備や開発費用まで含めると65万ドル(6800万円)かかったという。

このプロトタイプが現在、eBayのオークションに上がっており、現在10万ドル(1050万円)以上の値をつけられている。ビッド締切りは今月29日。競り落とせなかった人のためには、限定100台で量産計画がある。価格は6万1000ドル(640万円)、デリバリーは2001年から。1年待つぐらいなら、倍の額を払うだけの価値がある……?
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品