【ホンダF1ストーキング】「とーちゃん悪いのは雨なんだよ、ホントに」 | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1ストーキング】「とーちゃん悪いのは雨なんだよ、ホントに」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

父ジルの名を冠した地元サーキットで、ジャック・ビルヌーブは予選6番手。チームメイトのリカルド・ゾンタも8番手と、BARホンダにとっては今季最高の予選セッションとなった。

ジャックがスタートで3位に躍り出る。さらに2位を行くクルサード(マクラーレン)が10秒ペナルティを受けたために、ミハエル・シューマッハ(マクラーレン)に次ぐ2位に躍進した。

大部分がすでにタイヤ交換を終えていた40周前後に、雨が降り始める。ちょうどジャックのピットインのタイミングに重なり、難しい判断が求められたが、ドライタイヤを履いてコースイン。しかし雨がいっそう強くなり、1周しただけでレインタイヤに履き替えるために、再度のピットイン。これで大きく順位を落としてしまう。

10位走行中の65周目、クルサードをいったん抜いたもののブレーキをロックさせ、その前を行くラルフにからみ、そのままレースを終えた(15位完走扱い)。

ジャックは「今日の結果にはほんとにがっかりしている。スタートは完璧に決まったし、雨の中でもマシンのハンドリングには全く問題はなかった。ところがピットと交信が出来なくなってしまって、誤ったタイヤ選択をしてしまった」と語る。

保坂武文マネージング・ダイレクター(本田技術研究所)も「予選の速さを結果につなげなかったことは残念。我々は、雨のレースについてもっと学ばないといけない。今回の失敗を徹底的に分析する」と語った。

一方8位で完走したリカルドは「最初のピットインでレインタイヤに履き替えたかったが、エンジニアと交信が交わせずドライを履くことになってしまった」とやはりタイヤチョイスのミスを語った。
《》

特集

おすすめの商品