次期アルファ『GTV/スパイダー』の新素材ボディ情報を入手 | レスポンス(Response.jp)

次期アルファ『GTV/スパイダー』の新素材ボディ情報を入手

自動車 ニューモデル モーターショー

フィアット・グループ製品開発担当ディレクターのアンソニー・シェリフが、トリノ・モーターショーにおいてオートアスキー24記者に対し、アルファロメオ『GTV/スパイダー』の後継車について開発の進捗状況について明かした。

まずシェリフは、『GTV/スパイダー』後継車の開発が進んでいることを確認した。現在デザイン2案が比較検討中で、1案がアルファ社内のチェントロ・スティーレ(スタイルセンター)、もう1案がピニンファリーナの提案だ。

「1案は進歩的なスタイル、他方はレトロだ」とシェリフ。しかしどちらの提案がどちらのスタイルか、どちらのアイデアガ有力か、など、これ以上のディティールは話さなかった。

いっぽう現行GTV/スパイダーの生産は、新型登場までアレーゼの自社工場からピニンファリーナの工場に移管されることも確認された。

次期GTV/スパイダーはアルミニウムや複合素材などを用い、最先端技術によって生産されることだろう。デビューは2003年後半が予想される。アルファロメオは現在アメリカに輸出されておらず、新型はアメリカ市場再開拓のための“切り込み隊長”を務める。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品